愛知でも墓じまいが注目されています。
それはお墓でこんなお悩みを抱えている方が増えてきているからかもしれません。

子供がいない、ひとりっ子、娘姉妹だけ、などで愛知のお墓の後継ぎがいない
愛知県外で暮らす長男だが愛知のお墓を自分の近くに引っ越しをしたい
子供たちはもう愛知へ帰省や墓参りなんかしなさそうだ
子供たちが先祖代々の愛知のお墓の管理なんかしなさそうだ

そんな方が急増しています。
地域によって墓じまいの費用ややり方も変わりますが愛知での墓じまいをお考えの方に費用ややり方、代行業者などをご紹介いたします。

お坊さん

この記事の最後におすすめの墓じまい代行業者もご紹介しておるが最初から代行業者に相談しながら進めたほうがスムーズな墓じまいができますぞ!
墓じまいはわからないことばかりじゃ。
おすすめ墓じまい代行業者ならきっと親切にアドバイスしてくれますぞ

愛知でも墓じまいする人が急増中している理由

確かに「墓じまい」なんて、できればしないほうがいいのは決まっています。
でも、墓じまいをせざる負えない事情や理由はそう簡単に解消できないのです。

お墓参りに行くと
雑草が生い茂っていて荒れ放題
誰もお墓参りに来ている気配もない
のお墓を見かけたことはありませんか?
もし、それが将来のあなたのお墓だったらどんな気持ちがしますか?

墓じまいに反対する兄弟姉妹たちや親戚から
「墓じまいなんて罰当たり(バチアタリ)みたいなことはするな!」
と反対されるかもしれませんが。
こんな状態にしてしまうことのほうが罰当たりなように私は思います。
今の状況を考えたらあなたのお墓の将来についての悪い予感はおそらく的中する可能性が高いです。
だからこそ、いま決断して行動を起こさなければいけないかもしれません。

愛知の墓じまいのやり方と流れ


まずはざっくりと動画でお墓じまいの流れと費用をご覧になってください・

いかがですか?
ざっくりとですが墓じまいの流れとやり方がご理解いただけたでしょうか?

では、愛知の墓じまいの具体的な流れとやり方をご説明いたします。

愛知の墓じまいの流れ
墓じまいについて親族に説明し話し合う
墓じまい代行業者を探す
お寺(菩提寺)やお墓の管理者に墓じまいしたいことを伝える
墓じまいのための改葬許可申請の準備をする
墓じまいで墓石を撤去工事をする
遺骨を移動(お墓の引っ越し・永代供養・散骨)

①愛知のお墓の墓じまいについて親族に説明し話し合う

祭祀継承といってお墓やお仏壇も誰かが相続します。
ですからこの祭祀継承をした人が墓じまいも決断できます。
しかし、ここがよく墓じまいでもめるポイントです。
いくらお墓を引き継いだといってもお墓はの家系の象徴でもあります。

墓じまいは「兄弟姉妹」だけでなく「叔父や叔母」たち親族にもきちんと説明や話し合いを持つことをおすすめします。
「いきなりお墓が無くなっていた?」
それでは他の兄弟姉妹や叔父叔母も驚きますし、きっと大きなトラブルになるでしょう。
もちろん100%賛同を得ることは簡単ではありません。
それでもきちんと筋を通しておくことは大切です、
また他の兄弟や親族にも時間をかけてしっかり今の状況や墓じまいを決断したを理由を説明し理解してもらう努力も必要です。

ただあくまで墓じまいをするかしないか?はお墓を引き継いだ人がします。
たとえ他の兄弟や親族が反対しても墓じまいは可能です。
ですから相談・説明といっても連絡に近いものかもしれません。

墓じまいが原因の親子・親族トラブル

墓じまいが原因で兄弟間や親族とのトラブルになることもよくあります・
ですからくれぐれも独断専行で墓じまいを進めることはおすすめしません。
きちんと「墓じまい」のことを親子・兄弟・親族で話し合うことが大切です。
親子・兄弟・親族で「墓じまい」のことを話し合うことで、思わぬ良い結果がでることもあります。
最終的に「墓じまいをすることを止めた」ということも珍しくありません。
お墓のことをタブー視せずに本音で話し合ってみてくださいね。
できればご先祖様たちが眠る場所は大切に残していく方法はないのか?よく考えてみてください。

子供から親には言い出せないのが「墓じまい」

あえて「墓じまい」のことは親には相談しないでおくのもよいかもしれません。
親は「先祖伝来の墓を守ってきた」という自負もありますし、墓じまいだなんてとても理解できるものではないかもしれません。
ただ、他の兄弟姉妹たちには墓じまいのことを折をみて相談しておくことも大事です。
なぜなら、墓じまいの費用は決して安いものではないからです。
ですから遺産相続の時には「墓じまいの費用」のことも考えての遺産分割の必要もあります。

墓じまいのことを話し合うタイミングも大事

墓じまいのことを話し合うタイミングにも気を付けて下さい。
親が亡くなって直後ではいまだ悲しみが癒えていない兄弟姉妹たちもいるかもしれません。
変な誤解を招かぬように気を付けてください。

②愛知の墓じまい代行業者を探す

予め「お寺(菩提寺)や「お墓の管理者」に墓じまいしたいことを伝える前に墓じまい代行業者を探しておくのもよいかもしれません。
墓じまい代行業者はこのお寺への説明や交渉にも手馴れていますし、的確なアドバイスも貰えます。
また次にお話しする「③改葬許可申請の準備」も墓じまいなどしたことがない人(それが当たり前)にとってはかなり大変です。
おすすめの墓じまい代行業者は後でご紹介いたします。

お坊さん

墓じまいはいくつものことを同時進行で進めなけれなならないのじゃ
離檀料などのお寺との交渉
永代供養など遺骨の新しい安置先を探す
じゃから、最初から墓じまい代行業社に相談しながら進めるのがよいぞ!

③愛知のお寺(菩提寺)やお墓の管理者に墓じまいしたいことを伝える

他の兄弟姉妹や親族への説明が終わったら次はお寺(菩提寺)や霊園管理者に「墓じまい」のことを伝えなければなりません。
特に田舎ではいまだに檀家という風習が残っており、地元の方との結びつきが強いものです。
長年にわたって先祖伝来のお墓を守ってきてくれたことへの感謝の気持ちも忘れずに誠意をもって「墓じまいの理由や状況」を時間をかけて説明してください。よほどのことがなければ電話だけではなく帰省の折に訪問して相談するものいいと思います。
いくら時間がないからといって性急に墓じまいを進めてはいけません。
それがトラブルの原因となることがあるからです。

お寺ともめると墓じまいに必要な書類(埋葬証明書)が手に入りませんし、高額な離檀料を請求されてしまうことあるからです。

④愛知の墓じまいのための改葬許可申請の準備をする

墓じまいは勝手にはできません。
自治体に「改葬許可申請」をしなければなりません。
この「改葬許可申請」にはいろいろな方たちの署名捺印が必要です。
・現在の墓地霊園管理者の署名捺印
・改葬先(永代供養で遺骨受け入れ先)の「受け入れ証明書」
・解体工事業者のなめ
などかなり大変です。

墓じまいの手続き

墓じまいには役所や墓地の管理者(お寺)などからさまざまな必要書類を交付してもらわねければいけません。
主な書類は以下の通りです。

改葬許可申請書

お墓のある自治体の役所から発行してもらいます。

埋葬証明書(納骨証明書)

現在のお墓の管理者から発行してもらいます。
お寺が墓地の管理者である場合は上記の離檀料であまりもめたくない理由でもあります。

受入証明書または永代供養許可証

お墓から取り出した遺骨が新しく眠るところの管理者から発行してもらういます。

お坊さん

必要書類の発行費用(離檀料を除く)はそれぞれ数百円~千円程度とさほど高くはないのじゃが「埋葬証明書」などはそのお墓で眠っている方全員人数分」の枚数が必要になりますぞ。
自分の亡くなった親だけではなくそのお墓で眠っているご先祖様全員の分が必要なのじゃ。

このあたりは後でお話しする墓じまい代行業者に依頼する方が楽かもしれませんぞ。

⑤愛知の墓じまいで墓石を撤去工事をする

墓じまいを依頼した業者(石材店・墓じまい代行業者)と相談して墓石を撤去する期日や時間を決めます。
通常、墓石撤去前に魂抜きといわれる閉眼供養を撤去前に行うことが多いです。
このあたりはお経をあげてもらう僧侶にも事前に相談しておきましょう。
※もちろんお布施が必要になります。

⑦遺骨を移動(お墓の引っ越し・永代供養・散骨)

墓石を撤去して取り出した遺骨の引っ越し先をあらかじめ決めておかなければいけません。
「田舎から都会へ」のようにお墓のお引っ越しという場合もあるでしょう。
また新しくお墓は作らないのであれば
・永代供養墓や納骨堂に納める
・散骨
・樹木葬
ことあるでしょう。

永代供養など遺骨の移転先も「墓じまい代行業者」空もアドバイスが頂けると思います。
墓じまいを考えたらまず「墓じまい代行業者」に相談してみることをおすすめします。

愛知の一般的なお墓の墓じまいの費用は概ね50万円~60万円程度


愛知の墓じまいの費用には
お墓の撤去費用
離檀料
お寺へのお布施(閉眼供養)
手続き費用
新しい墓地の費用
などがあります。

新しいお墓の費用は除くとして、もろもろの雑費経費を含めると
お墓を撤去して墓地を更地に戻す墓じまいの費用は平均50万円~60万円程度
が見込まれ決して安い金額ではありません。
これに新しいお墓の用意する費用や高額な離檀料の場合にはさらに高額になってきます。

ですから「墓じまいの費用をだれが負担するのか?」というのもよく考えておかないといけません。
法律で決められているものではないのであくまで家族親戚や兄弟姉妹でしっかりと話し合っておく必要があります。
できれば遺産相続の時にこの「墓じまいの費用」のこともしっかりと考えておくべきでしょう。
諸事情で離れて暮らす長男がお墓を継げないなら、地元で暮らす次男が引き継ぐ?
そのかわり遺産相続はその事情も考慮する?
ということも必要かもしれません。
遺産相続でもこの「祭祀継承」は大きなテーマです。

愛知にあるお墓の撤去費用

愛知にあるお墓(墓石・遺骨など)を撤去する費用です。
お墓の撤去費用の相場目安は1㎡あたり10万円前後としている墓じまい代行業者や石材店が多いようす。
お墓の区画はよく「1聖地」とか「1霊地」と表すことが多いです。
1聖地 = 3尺(約90cm)×3尺(約90cm) 0.81㎡
1霊地 = 100cm ×100cm 1㎡
今あるお墓が「1聖地」とか「1.5聖地」とかいう単位で購入されたかもしれません。
わからなければお墓参りの時にでもメジャーで測ってみてください。
※お墓の撤去費用は「重機が入るか?」「傾斜は無いか?」でも変動することにご注意ください。

お坊さん

最近は墓石撤去・行政手続き・供養先紹介などをセットしたパック料金制度の墓じまい代行業者も出てきたんじゃ。
これなら安心じゃのぉ!

愛知にあるお墓の魂抜き(閉眼供養)のお布施

多くの方は墓石の撤去前に閉眼供養と言ってお墓の魂抜きの儀式を行います。
この閉眼供養で僧侶に読経してもらうためのお布施が必要になります。
(3万円~数万円程度)

離檀料

特に地元との結びつきが強い地方では都会よりもこの離檀料の問題がよく起こっているようにも感じます。
檀家として先祖伝来のお墓を長く守ってきてくれたお寺(菩提寺)と「墓じまい」をすることで縁が切れるに際してお寺のほうから「離檀料」を要求されることがあります。
この離檀料は菩提寺の地域や慣習によっても変わりますが概ね離檀料は数万円~数十万円ともいわれています。
過疎化の進む地域では檀家制度も崩壊の危機にあり、菩提寺側も経済的事情から離檀して欲しくないという事情もありますから離檀料請求も理解できる点もあります。
今までお墓を管理していただいたお礼
埋葬証明書をスムーズに発行してもらう(お寺が発行するもので、改葬の必要書類)
という意味合いもありますからあまり離檀料でトラブルにならないように気を付けてください。

愛知にあるお墓の引っ越し先(新しいお墓・永代供養・納骨堂など)

愛知までのお墓参りが難しくなってきた方なら近くの場所にお墓を移すこともあります。
あるいは、もう愛知にあるお墓の管理や継ぐ人がいない場合は永代供養の納骨堂や散骨でお墓を無くす場合もあります。
要は墓じまいしたお墓の遺骨の引っ越し先を考えなければいけません

新しく先祖が眠るところを
永代供養墓にする?
納骨堂に遺骨を納める?
散骨や樹木葬式にする?
などいろいろと墓じまいの前に決めないといけないのです。

今の時代の「墓じまい」の事情として
「もうお墓なんていらない?」
「お墓を管理できない?」
という場合も少なくありません・
今のお墓の墓じまいした後、新しいお墓に改葬できるという場合ではなく
「もうお墓を無くす」場合はそのご遺骨をどうすればいいのでしょうか?]
そのような場合の墓じまいの場合は
永代供養する
散骨する
ということが考えられます。

墓じまいの後の遺骨を永代供養する

永代供養とは「もう遺骨を管理できない」という方にはよい解決策かもしれません。
永代供養とは
「お墓の管理者が『お墓の管理』+『供養』の両方をしてくれる」
方式です。
ですから、供養や管理のための費用を払うことで安心が得られます。

最近ではこんなテレビCMもご覧になったことがあると思います。

お坊さん

このあたりの永代供養についても墓じまい代行業者はたくさんの情報をもっているんじゃ。
永代供養にはさまざまやり方や引受先もある。
わずか数万円から引き受けてくれるところもあるし、数十万円のところもある。
予算や事情によって永代供養先を選ぶのじゃ!

墓じまいの後の遺骨を散骨する

石原裕次郎さんが大好きだった海に散骨しようとしたが、さまざまな法律の壁で断念したというのはニュースにもなりました。
散骨は今はテレビでもよく取り上げらていますが、いろんな制限があることはあらかじめ知っておいてください。
・遺骨はきちんとパウダー状にしなければならない
・散骨する場所は限定されている(漁業や農業に影響が出ないことが条件)
きちんと所定の手続きややり方を守らないといけません。

愛知の墓じまいでのおすすめ墓じまい代行業者

「墓じまいを考えているが誰に相談すればいいのかわからない?」
そんな方がほとんどだと思います。
そんな時にやはり頼りになるのが「墓じまい代行業者」です。

墓じまいの代行業者は
墓地や霊園の管理者との交渉代行(相場5万円~)
遺骨の取り出し納骨(相場6万円~)
遺骨の移動の代行(相場の目安②万円+実費)
遺骨の一時預かり(相場目安1万円~)
墓石の解体・撤去を代行(相場目安10万円~30万円程度)
さらに「墓じまい代行業者」は
墓じまいをする上で必要な手続きや関係者とのやりとりをすべて代行
などを行ってくれます。

墓じまいはただお墓を撤去すればよいという話ではありません。
遺骨の移動先を決めたり、必須の行政手続きを行ったりとか未経験の方にはかなり大変なので「墓じまい代行業者」に依頼することをお勧めします。

そこでおすすめ墓じまい代行業者を2社ご紹介いたします。
それは
墓じまいのミキワ
わたしたちの墓じまい
です。

愛知の墓じまい代行業者|ミキワの墓じまい

ミキワの墓じまいの特徴は明瞭な料金体系です。
ひとつひとつ個別ではなくパック料金です。
・行政手続き
・墓石解体撤去
・供養先紹介
などをお墓1㎡あたり165,000円という形になります。

ミキワさんのホームページでは

お墓のミキワ(有限会社ミキワ産業)の墓じまいサービスはお墓の解体・処分から行政手続き代行まで、わかりやすい価格でワンセットにしました。
墓じまいに必要な閉眼供養(魂抜き)の僧侶手配から海洋散骨や永代供養(合祀墓)の手配も
ぜひお任せください。
ご相談・お見積りは全て無料です。じっくりご検討ください。

とも言われていますからまずはご相談だけでもされてみてはいかがでしょうか・
詳しくはミキワのホームページをご覧下さい。

「ミキワの墓じまい」公式ホームページ
墓石撤去・改装・永代供養の相談もワンストップで解決